【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。



【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:13 5 2018

みなさまおっはー

昨日は、なかなか寝つかれませんでした。

なんかいろいろ考えることがあって、疲れてしまうことも
あるんだけど。

一番考えてしまったのが、友達が仕事を辞めてしまったこと。

あした、久しぶりに大好きなコンサートに出かけようか?
って話になっているんだけどね。

ずっと悩んでいることに気づかなくて。

頑張り屋さんだから、みんなにも気を使っていたりして、
言い出せないところとかあったんだろうけど、精神的に
凄く疲れてしまったみたい。

今はガンマ線透過写真撮影作業主任者とろうと、頑張っているみたい。

知り合いに仄々するって言われて、
やっとゆっくりできるようになったってカンジかな。

13時から、実家に誰もいないから、
コアリズムをはじめたんだよって笑ってた。

2kg痩せたって言ってたし。

ウォーキングとか、一緒にって話になってるけど、
なんか前向きな姿を見ていると、頑張らないとねー。

金萬ラーメンも食べに行こうって言ってるし、会った時に
笑顔でいてくれれば、おれ的にも嬉しいかな♪

13時から!とかきっちりしてる真面目だから、
余計に疲れちゃうんだろうしね。

部屋にいっても、すごーく綺麗だし、手抜きができない
タイプなんだろーなって凄く思う。

息抜きができないと、人間疲れちゃうからね。

みなさまも、きちんと息抜きはしてくださいね♪


どちらかといえば、おれは見習わなくちゃいけない
とこも多いけどねー。

けっこう・・・マイペースだからねー(笑)

明日はいい日だ。がんばろ〜^^