【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術

現在、日本国内においてレーシックによる失明の症例報告は出てきていませんが、治療が失敗する可能性が全く無いとは言えないのです。
将来的に合併症などの心配を指摘する意見もあり、日本での治療の普及はまさにこれからなのかもしれません。

 

レーシックは眼科の専門医により適正な手術を行ってもらうことにより、とても安全な手術なのです。
手術を受ける時には眼科専門医で最新の治療機器が充実しており、さらにアフターフォローもしっかりしているクリニックを選ぶようにしましょう。レーシックの人気が徐々に高くなってきている理由の一つに非常に高い安全性というものが挙げられます。
しかしその一方ではまだまだレーザー治療についての不安を抱えている人は大勢います。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。



【レーシック知識】安全性の高いレーシック手術ブログ:17 5 2018

読者様は
「ホットヨーグルト減量」ってご存知ですか?

ホットヨーグルト減量というのは
日本人が不足しがちなカルシウムの働きを活かした
減量法です。

ヨーグルトを温めるとで腸の動きが活発になり、
カルシウムの吸収率が上がるんだそうです。

カルシウムには
体に脂肪を蓄えようとする
甲状腺ホルモンの分泌を抑える働きがあるので、
脂肪がつきにくくなります。

さらに乳酸菌の働きで腸内環境が改善され、
老廃物や悪玉菌が排出されるので、
シミや吹き出物などが出にくくなり、
肌の調子も改善されますよ。

ホットヨーグルト減量の方法はさまざまです。
自分に合った方法でトライしてみてくださいね。

一般的なのは、
一日3食の食事の前、または朝方食代わりに
ホットヨーグルトを食べて、
11時・19時は好きなメニューを食べる方法です。

また、
お通じをよくして便秘を解消するのが目的の場合は
食事の後に食べるといいみたいです。

食事の後だと
すでに胃の中に入っている食べ物で胃酸が薄まっているので、
乳酸菌が生きたまま腸にたどりつきやすくなるそうです。

共通して言えるのは
一日120g以上食べても
減量効果は変わらないので、
食べ過ぎには気をつけてください。

食事は好きなものを食べて大丈夫ですが、
腹八分目を心がけ、栄養バランスのよい食事をとりましょう。

作り方はとっても簡単。
ヨーグルトを電子レンジ(500w)で30秒温めるだけ!
無糖ヨーグルトがおすすめです。

ホットヨーグルト減量は
気軽にできる減量法の一つですね。